自費出版は出版社の信頼性が大切です

自費出版をする時にとにかく気を付けなければならない事があるのです。どういった事かと言うとそれは、どんな出版社に出して貰うのかと言う事なのです。基本的に、個人で本を出すのですから、自分の思った通りの事をしてくれるような出版社で無ければならないと思うのです。後はきちんと担当者の方と話が出来、そして、綿密に打ち合わせが出来る所が良いと思うのです。あまりに適当な感じを受けたのならば止めた方が良いのかもしれません。そして、この出版社選びなのですけれども、大きいから信頼出来るという訳ではありません。なるべく様々な出版社と話をしてから、そして、本当に信頼出来る出版社と思った所を選ぶ事が重要になって来るのではないでしょうか。そうする事で本当に自分の理想の本を出す事が出来ると思うのです。変なトラブルにならないように気を付けましょう。

自費出版で気を付けたい所とは

自費出版をしたいと思ったら、どんな出版社に頼むのかは重要になって来ると思います。特に担当者には気を付けなければならないでしょう。出版が初めての方は分からない事ばかりですよね。だから質問したい事は沢山あるのではないでしょうか。その質問に対して誠実にきちんと応えてくれるような担当者が居る所で無ければ信頼度は一気に下がってしまうのではないでしょうか。他にも執筆の場合に、押し付けでは無い、アドバイスをしてくれる担当者が居るような所で無ければならないでしょう。真剣にきちんと向き合って、話をしてくれる担当者が居るような出版社を選ばなければなりません。こういった部分をきちんとチェックして、どのような出版社を選ぶ事が重要なのではないでしょうか。校正はちゃんとしてくれるのか、それとも、原稿をそのまま印刷するのか、そういった細かい部分もきちんとチェックしましょう。

自費出版はよく選んでから

私は学生時代、自費出版をしていました。出版と言っても同人誌のため一般の書店に流通する訳ではなく、即売会など特有のマーケットに自分で持って行き、そこで販売をする。といった感じでした。その後一般の書店にも流通させてくれる出版社を見つけたので問い合わせましたが、審査があり通った場合は出版社が費用を負担してくれる。通らなかった場合は、著者の負担。といった具合でした。投稿した結果、私は著者負担という形で、費用は200万円ぐらいでした。しかし出版と流通をしたら、そこでお終いらしいです。他の会社も調べましたが、場所によっては全国流通と出版だけでなく、製作段階で売れる物を作るためにアドバイスをしてくれるという企業もありました。だから自分の本を流通させ、売れるようにしたい。たくさんの人に読んで欲しい。という場合は、製作も手伝ってくれる企業の方が良いかもしれません。

一般の方でも価値を作る、個人出版や企業出版の自費出版を見積もり無料で、気軽に、低コストでの本格出版をします。 関西を拠点として自費出版会社、対応地域は全国区。見積もり無料の自費出版! 個人出版、企業出版、自費出版、売れる企画出版致します。 詩・歌・句集、小説、エッセイ、体験記、旅行記、画集、写真集、絵本、自分史、社史、記念誌、PR誌等。 他社よりも低コストで本格的な自費出版が可能です。まずはお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*